暇回り屋(ひまわりや)さん:TPP

TPP

2013/04/20

1: :2013/04/20(土) 10:46:42.69 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/7/1/71c43e2a.gif
 日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加をめぐり、日米両政府は事前協議で合意しました。
米政権が日本の交渉参加を議会に通告し、議会が承認するかどうかへと移ります。
この局面で、TPP問題をどうみるか。
東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宣弘(のぶひろ)教授(農学博士)に聞きました。
 日米の事前協議の合意は、屈辱的なものでした。米国の要求を一方的にのまされ、日本は何も得られませんでした。

「入場料」段階で無茶苦茶な話が

 BSE(牛海綿状脳症)対策としての米国産牛肉の輸入規制は、すでにあっさり緩和されました。日本はさらに緩和しようとしています。
 自動車は、米国の業界を納得させるために、米韓FTA(自由貿易協定)より
米国の自動車業界に有利なものにすることで合意しました。自動車での米韓の関税問題を例に、
日本がTPPに参加しないと、韓国との競争に不利だ、負けると、日本の政府や財界・自動車業界は宣伝してきました。
ところが、韓国との競争条件を同じにすることを拒否されたわけです。日本にとって、メリット(利点)はなく、
なんのためにTPPに参加するのか。前提が崩れてしまいました。
 保険では、日本郵政のかんぽ生命が、がん保険などの新規商品を提供することを凍結しました。がん保険は、アフラックなど米国系保険会社が日本市場で
圧倒的なシェア(市場占有率)を占めています。その圧力です。
 郵政の民営化を求め、その実現は規制緩和として歓迎しながら、自社と競合する部分に参入するのは、ビジネスの邪魔だから、やめろという。
無茶苦茶(むちゃくちゃ)な話です。

さらなる譲歩と「非関税」問題も

 これは第一段階にすぎません。日米事前協議の合意を受け、米政府は議会に、日本のTPP交渉参加について通告し承認を求めます。
90日間以上議論する“90日間ルール”にもとづいて結論を出す議会承認をめぐって、さらに、日本は譲歩を迫られることになりかねません。
 米国の自動車関連議員は、日米協議の合意についても“こんなものでは日本の参加を承認できない”と反発しています。
日本の自動車輸入関税はすでにゼロですが、“日本で米国の車が売れない”“閉鎖的だ”と問題にしています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-04-19/2013041903_01_1.html
続きを読む

2013/04/13

1: :2013/04/13(土) 06:34:12.03 ID:

高い支持率をバックに、ついにTPP(環太平洋パートナーシップ)協定交渉会合への参加
を表明した安倍政権。なかでも注目されているのが、安倍首相が“聖域”と表現した、
コメ、牛肉・豚肉、麦、甘味資源(砂糖)、乳製品の5品目の行方だ。

TPP参加によって、すべての農産物の関税がゼロになるという最悪の状況を想定した場合
、これらの5品目はことごとく輸入品に置き換わってしまう可能性が指摘されている。
そのため、安倍首相は5品目を“聖域”として、関税撤廃の例外にしようと考えているのだ。

実際に“聖域”を守れるかどうかは、あくまでTPPの交渉次第。だが、その肝心の現場が
、どうも日本に不利な状況になっているらしい。NPO法人「アジア太平洋資料センター」
(PARC)事務局長の内田聖子氏が語る。

「先日、私はこの目でTPP交渉会合を見てきましたが、その実態は、安倍首相が話した
内容や日本のメディアの報道とはずいぶんとかけ離れたものでした」

参加表明をしただけの日本からは、まだ誰もTPP交渉会合に参加していないはずだが……。

「以前から交流のあった、アメリカのNGO(非政府組織)のメンバーとして登録をして
もらい、TPPのステークホルダー(利害関係者)として参加しました。霧に包まれた
TPP交渉の実態を自分で確かめたかったんです」

内田氏が“潜入”したのは、3月4日から13日にかけて、シンガポールで行なわれた
第16回のTPP交渉会合だ。

「その日、TPP交渉会合に参加していたのは参加11ヵ国の交渉官約300人と、各国の
企業や業界団体、NGOなどステークホルダーが200人から300人。多く見積もって
総勢600人ほど。TPPは交渉する分野が幅広いので、参加国はそれぞれ専任の担当官を
集めた交渉チームとして会合に臨みます。そこには国力の差が表れていて、例えば、アメリカ
が20人ほどの交渉担当官をそろえている一方で、ブルネイやベトナムは10人もいない。
小国は常にハンデを負うことになります」

その現場では、どのようにして交渉が行なわれるのだろうか。

「いざ公式の交渉が始まれば、21の分野ごとに長時間にわたって話し合いが行なわれる
のですが、会議室に入れるのは各国の交渉官だけ。私たちステークホルダーは入れません。
TPPの交渉は完全な密室で行なわれます」

ソース:週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/04/01/18113/

(つづく)
続きを読む

2013/04/07

1: :2013/04/07(日) 12:43:56.11 ID:

環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加しているメキシコのペニャニエト大統領は6日までに、
日本が重要農産品を「聖域」として関税撤廃の例外にするよう目指している点について、
高いレベルの貿易自由化が必要として難色を示した。

7日からの訪日を前に、共同通信の書面インタビューに回答した。

ペニャニエト氏は日本に対し、現参加国の既存の合意を尊重するよう求める考えも示した。
途中参加を表明した日本の新たな要求により交渉が難航する事態を、参加国が警戒している現状が、
あらためて浮き彫りとなった。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013040601001678.html
続きを読む

ページトップ