暇回り屋(ひまわりや)さん:経済

経済

2013/05/11

1: :2013/05/11(土) 13:23:14.39 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/7/e7beefeb.gif
韓国経済称賛していた海外金融機関、今では「警告」

2008年の世界的な金融危機後、海外の金融機関やシンクタンクは危機を早期に乗り越えた韓国経済をこぞって称賛した。
ところが、最近になって韓国経済の先行きを危ぶむ声が強まっている。
米国モルガン・スタンレーは「韓国は2016年から生産年齢人口(15-64歳)が減少し始め、
高齢者層を支える負担が急激に増す」と予測。「価格競争力の面で日本に追い越されかねない(ゴールドマン・サックス)」
「個人負債が減らず、今後この問題が深刻化する可能性もある(野村証券)」といった評価もみられる。

詳細 朝鮮日報 2013/5/10
http://www.chosunonline.com/site/data/
html_dir/2013/05/10/2013051001108.html



<参考>
米ゴールドマン 「日経平均はすぐに14000~15000円になる」 ※このとき日経10000円
www.zakzak.co.jp/economy/investment/
news/20130129/inv1301291212001-n1.htm
続きを読む

2013/04/27

1: :2013/04/26(金) 01:56:41.47 0 ID:

中央日報日本語版 4月25日(木)17時55分配信

金宗フン(キム・ジョンフン)セヌリ党議員は25日、韓日経済人会議の基調演説で、
「日本が韓国と自由貿易協定(FTA)を結ぼうとするなら、
まず歴史を正しく直視する勇気を持たなければならない」と述べた。

金議員は、安部晋三首相の就任後、日本政府が植民地侵略の歴史を丸ごと否定するなど
急速に右傾化している現実を懸念し、
「現在では自由貿易のための政府間議論に進展を期待するのが難しい状況」と指摘した。
また「不幸だった歴史の断面を治癒せずにFTAを通した経済統合を実現するのは難しい」と強調した。

金議員は、日本が円安誘導で韓国政府・業界の警戒心を深めた点もFTA交渉の障害だと指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130425-00000045-cnippou-kr
続きを読む

2013/04/24

1: :2013/04/23(火) 21:23:56.20 0 ID:

韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は23日、
「韓国と日本の関係は被害者と加害者という特殊な歴史性がある」
との認識を示した。
韓日経済人会議に出席するためソウルを訪問した
日韓経済協会の佐々木幹夫会長をはじめ日本の企業家らと会談した席で語った。

尹長官は
「両国の政治指導者が正しい歴史認識に基づいて信頼を築き、
安定的に関係を発展させなければならない」
と述べた。

また、
「韓日関係が良いときも厳しいときもあったが、
経済協力は両国関係を支えるしっかりとした柱だった。
韓国政府も経済協力や人的交流の増進に向け支援する」
との考えを示した。 

韓国経済界が最近の急速な円安進行に懸念を示していることを伝えるとともに、
日本企業の韓国に対する投資拡大にも期待を示した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/
2013/04/23/0400000000AJP20130423004000882.HTML
続きを読む

2013/04/22

1: :2013/04/22(月) 09:18:08.81 ID:

韓国の今年の経済成長、アジア11カ国のうち下から2番目

問題の本質は成長動力が消えているにもかかわらず、社会全般に危機意識がないという点だ。
兪炳圭本部長は「韓国社会が国民所得2万ドルに安住している。全般的に危機意識が足りない」と指摘した。

政府は3万ドル、4万ドル時代をどう開くかについて成長戦略を提示できずにいる。尹暢賢(ユン・チャンヒョン)韓国金融研究院長は
「今の韓国経済は雇用創出能力を失った」とし「医療・法律・金融など核心サービス業の規制を緩和すれば、良質の雇用を大量創出できるが、
政府は規制緩和政策を出していない」と述べた。

通貨当局の韓国銀行(韓銀)の動きも納得しがたい。韓銀は成長に関心がない。0%台の成長を当然視し、
利下げを半年間にわたり拒否している。もっと大きな問題は、企業を四面楚歌に追い込む政界と政府の全方向的な圧力だ。

新政権の発足後、過激な経済民主化政策が続いている。尹暢賢院長は「政府と政界は経済民主化立法で大企業を追い込むよりも、
大企業が国内に投資できる環境づくりに努力しなければならない」と述べた。

さらに労働界の利己主義が経済の活力を大きく落としている。オ・ジョングン教授は「労組の過度な要求で企業が投資する意欲を出せなくなっている」と指摘した。

韓国経済は隣国の日本の“円安空襲”まで受けている。主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議など国際社会で「円安」が容認されているからだ。
日本輸出企業が円安という翼をつけて飛翔する間、韓国輸出企業の価格競争力は大きく落ちた。

韓国投資証券のチョン・ミンギュ首席エコノミストは「下半期以降、円安の影響を本格的に受け始めれば、
そうでなくとも振るわない輸出がさらに危機を迎えることになる」と診断した。
http://japanese.joins.com/article/743/170743.html?servcode=300&sectcode=300
続きを読む

2013/04/16

1: :2013/04/16(火) 08:46:12.99 0 ID:

円安を放置すると、1997年の通貨危機、2008年の金融危機のような
破局を迎える可能性があるという憂慮が提起された。
韓国の経済民主化が、国への依存度を高め葛藤要因として作用しうるという警告も出てきた。

ソウル明洞(ミョンドン)の銀行会館で15日に開かれた
『新政府の経済政策方向』セミナー(韓国経済学会、経済・人文社会研究会共同主管)で
こぼれ出てきた学者たちの忠告だ。

“足もとの火”は、最近の円安にともなう韓国企業の競争力低下だ。
高麗(コリョ)大学経済学科のオ・ジョングン教授によれば韓国は
95~97年、円の対ウォン相場の大幅な下落後、97年に通貨危機を迎え、
2004~2007年の円の下落後には2008年に金融危機を迎えた。
経験的に
“円安→輸出企業の競争力低下→経常収支悪化→金融危機”
という悪循環があらわれているということだ。
オ教授は
「円が昨年6月~今年末までに42%以上下落する場合、
来年初めに危機を迎える可能性がある」
と強調した。

経済民主化は“難しい問題”だった。
明知(ミョンジ)大学経済学科のチョ・ドングン教授は
「経済民主化という話は、政治的に誕生した用語」として
「今は経済民主化の根底に敷かれた平等主義・国家介入主義を克服して、
企業により多くの経済的自由を許容して成長ペダルを踏まなければならない時」
と主張した。
韓国保健社会研究院のユン・ソクミョン年金研究センター長は
「福祉財源確保のためには、所得に比例した社会保障税を導入するなど直接税の引き上げが必要だ」
として
「相対的に手軽な付加価値税率の引き上げや赤字財政編成は、
未来の福祉・統一に備えた政策手段として残しておかなければならない」
と助言した。

韓国政府が立てた“創造経済”戦略の修正が必要だという指摘も出た。
現代経済研究院のユ・ビョンギュ経済研究本部長は
「創造経済戦略は、新成長産業の創出や中小企業育成など成長部門にのみ集中した」
として
「創造経済の概念を“新しい事業・産業育成を通した働き口の創出”として単純化しなければならない」
と説明した。
http://japanese.joins.com/article/531/170531.html?servcode=300&sectcode=300
続きを読む

ページトップ