暇回り屋(ひまわりや)さん:話題

話題

2013/06/09

1:2013/06/09(日) 10:48:29.98 ID:

AKB48総選挙は、喜びも失望も多々あったにも関わらず、指原莉乃1位にはシラケた。

好きな子はいっぱいいるのだから、失望もあるのは当然だ。
だが、決してシラケないのがAKB48だった。

こんなに感動がない総選挙は初めてだ。会場の空気も一気にシラケていたのがわかった。
それどころか、大島優子のコメントが終わってから、続々席を立って、帰り始めた客がいたのが驚いた。

1位が優子でもまゆゆでも、こんな現象は起きなかったはずだし、もっと感動があっただろう。
当然、指原ヲタは感動したのだろうが。

だが、問題は会場全体に、「感動」の輪が拡がっていくか否かなのだ!

総選挙終了後、フジテレビにコメントしてくれと、会場に1時間くらい待たされた。
わしのコメント後に、指原が「1位は1位なんですみません」と言ったのがまたシラケた。

あれが指原の本音だ。

「私なんかが1位になってすみません」と言えば、わしは「それでも若干好きだよ」と言えたかもしれない。

だが帰ってきた返答は・・・
「1位は1位なんですみません」

思わずわしは「バカヤロー!」と言ってやった。

どいつもこいつも、1位指原にすり寄って、おべんちゃらだらけでうんざりする。

しかしこのコメント一つのために、まゆゆとみおりんに声をかけてやれず、昼食ぬきだったのに、夕食も食えずに帰宅しなければならなかった。
https://www.gosen-dojo.com/?page_id=323
続きを読む

2013/06/06

1:2013/06/06(木) 02:54:16.35 ID:
『らき☆すた』や『かんなぎ』、『フラクタル』などの人気アニメ作品の監督として有名な山本寛さんが、一般のTwitterユーザーと口論しているとインターネット上で話題となっており、物議をかもしている。
 
・2013年6月2日から口論している?
実際に山本監督の公式Twitter を覗いてみると、確かにTwitterユーザーXさん(仮名)と口論をしているように思える状況になっていた。
当編集部調べでは、2013年6月2日からTwitterユーザーXさんと口論につながる会話がはじまり、6月5日現在もその流れが続いているようである。つまり2人だけで3日間も口論を続けている。
 
・相手を否定する厳しい言葉づかい
2人だけで炎上状態になっているこの状況。
でもどれくらい激しい口論なのか? ひとつひとつ書き込みを読んでみた。激しい罵倒というよりは、冷静な言葉づかい(?)ではあるものの、
相手を否定する厳しい言葉が書きつづられる流れになっていた。どちらが悪いとか良いとかは当事者の考えもあると思うので判断しかねるが、驚いたのはその書き込みの数だ。
 
・コメント(返信)した数は約400回
6月2日から6月5日現在まで、山本監督がTwitterユーザーXさんにコメント(返信)した数は約400回! 
山本監督は監督業や創作活動などをしなくてはならないはずだし、ここまでくると、山本監督のメンタルが疲れてしまわないかと、ちょっと心配である。
 
・病気なら治した方がいいですよ(笑)
山本監督は「忘れてください! お願いします!」や「貴方が世界の中心なんですね? 申し訳ないです(笑)」、
「最低のクズです! だから忘れて!」、「貴方人格攻撃してるんですね? やめてもらえませんか?」、
「病気なら治した方がいいですよ(笑)」などの言葉でTwitterユーザーXさんに返信している。
 
・スルーをする行為が難しいのかも?
「文句や気に入らないことを言われたらスルーすればいいのに」と思うかもしれない。
しかし、良いか悪いかは別として、山本監督の性格は、スルーをするのが難しいのかもしれない。
それが山本監督のスタンスといえるかもしれないので、それが悪いとは言い切れない。
 
・たくさんのすばらしい作品を
山本監督の作品は多くの人たちに「楽しみ」を与えてきた。
これからも、たくさんのすばらしい作品を世に送り出してほしいものだ。
ファンの姿が文字や画像で見えなくても、テレビの向こう側で多くの人たちが作品を待ち望んでいる。
 
参照元: Twitter.

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/4/a/4a27de32.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/f/efaba671.jpg

http://rocketnews24.com/2013/06/05/336882/
続きを読む

2013/06/05

1:2013/06/05(水) 06:54:03.58 ID:

添乗員付きの欧州ツアー旅行で英国のヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を
受けたとして、仙台市若林区の50代男性が4日までに、ツアーを計画した
大手旅行会社阪急交通社(大阪市)に慰謝料など計40万円の損害賠償を求める訴えを
仙台地裁に起こした。
男性の代理人によると、同様の訴訟は珍しい。男性は「会社は責任を認め、過失のない
旅行客の立場に配慮した対応をしてほしい」と強調する。
訴えによると、ツアーには男性ら26人が参加。ことし1月、スペインやポルトガルを訪れ、
ヒースロー空港で帰国手続きを取った。テロ警戒で手荷物検査が厳しく、男性と女性添乗員、
女性客の計3人が無作為で選ばれ、再検査を受けた。
添乗員と女性客は先に再検査を終え、搭乗ゲートに移動。添乗員は男性が遅れる旨を
ゲートの係員に知らせた後、係員の指示で成田空港行きの航空機に移った。男性も再検査を
済ませてゲートに駆け付けたが、出発に間に合わなかった。
添乗員は携帯電話で男性に「飛び立つので(男性は)もう乗れない。頑張って
帰ってきてください」と伝えたという。

*+*+ 河北新報 +*+*
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/06/20130605t13008.htm
続きを読む

2013/06/04

1:2013/06/01(土) 13:55:24.30 ID:

橋下徹

スマイルプリキュア
t_ishin 2013-06-01 10:25:13
https://twitter.com/t_ishin/status/340640143058825216

すみません。これ、小学校一年生のやんちゃ娘が勝手に打ちました。
もうツイッター操作できるようになったんだと少し感動ですが。
RT @t_ishin: スマイルプリキュア
t_ishin 2013-06-01 10:37:36

携帯電話からです。ロックも解除して。僕が小1の頃に比べれば確かに進歩ですね。
RT @ziend4444: @t_ishin 小学一年でPC打てるって世界は進歩したんやなぁ・・・w
t_ishin 2013-06-01 10:44:09

娘が見ていないうちに、携帯のパスコードを変えました。僕の小1の時と比べたら、
ほんと進歩しましたね。キーボードを打つことなんてなかったですから。
変更後のパスコードは、もちろん妻には申告義務ありです。
t_ishin 2013-06-01 11:03:04


橋下徹|Twitter
https://twitter.com/t_ishin
続きを読む

2013/06/02

1:2013/06/02(日) 13:20:17.25 ID:
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/8/2/82eca4d1.gif
タレントの江頭2:50(47)が、300人超満員の客席に向かって法的にも危険すぎる大技「フライング・フルチン・プレス」を繰り出してしまった ことで警視庁の“事情聴取”を受けていた。
ネットを中心に「新たな伝説か」と大騒ぎとなっている。 その光景を目撃した本紙・女性記者は「アレはギンギンでした」と証言。一部始終を紙上再現する。

フルチン事件は「江頭2:50のピーピーピーするぞ!8 逆修正バージョン~お台場人民狂和国~」のDVD発売記念イベントで勃発した。
吉田沙保里(30)に声援を送る姿が生中継されてからというもの「レスリング中継は俺の4年に一度のレギュラー番組なんだよ!」とレスリングの五輪競技存続を陰ながら応援する江頭。
自らの手で作り上げた「アルソック(ALSOK)」ならぬ、「エガソック」のレスリングコスチュームで登場した。
「俺はこのDVDをIOC(国際オリンピック委員会)メンバーに送る! ロビー活動だよ! もし公式種目から落としたら、俺はテロをやるからな。国際問題上等!」などとほえた江頭。
レスリングを鼓舞するためブリーフ一丁になり、股間を突き出す十八番“ブリーフ重量挙げ”を披露。

だが、これが失敗して“エガちん”が顔を出した。この瞬間、会場の空気がガラリ変わり観客から「エーガーちゃん!エーガーちゃん!!」のコールが起こった。
「エガちゃんコール」に奮起し、プロレスラーがマントを脱ぎ捨てるように、ブリーフをはぎ取った。

舞台上では司会の女性タレントが持っていたDVDを局部にあてがったり、スタッフがバスタオルで「緊急モザイク処理」をするなど止めようとしたが、江頭はいとも簡単にそれらを振り払い、モロ出しのまま客席へダイブする「フライング・フルチン・プレス」を繰り出した!!
大勢のファンにもみくちゃにされながら、胴上げされた江頭のイチモツは、いつの間にかギンギンにいきり立っているのを記者はしっかり見てしまった。
ファンも、頭上を転がる江頭に向け「エガちゃんコール」はいつしか「チ●ポコール」に変わり、会場は異様な熱気に包まれた。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/148296/
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/c/d/cd176154.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/b/8/b8e2f4d2.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/8/e824f849.jpg
続きを読む

ページトップ