暇回り屋(ひまわりや)さん:twitter

twitter

2013/06/06

1:2013/06/06(木) 02:54:16.35 ID:
『らき☆すた』や『かんなぎ』、『フラクタル』などの人気アニメ作品の監督として有名な山本寛さんが、一般のTwitterユーザーと口論しているとインターネット上で話題となっており、物議をかもしている。
 
・2013年6月2日から口論している?
実際に山本監督の公式Twitter を覗いてみると、確かにTwitterユーザーXさん(仮名)と口論をしているように思える状況になっていた。
当編集部調べでは、2013年6月2日からTwitterユーザーXさんと口論につながる会話がはじまり、6月5日現在もその流れが続いているようである。つまり2人だけで3日間も口論を続けている。
 
・相手を否定する厳しい言葉づかい
2人だけで炎上状態になっているこの状況。
でもどれくらい激しい口論なのか? ひとつひとつ書き込みを読んでみた。激しい罵倒というよりは、冷静な言葉づかい(?)ではあるものの、
相手を否定する厳しい言葉が書きつづられる流れになっていた。どちらが悪いとか良いとかは当事者の考えもあると思うので判断しかねるが、驚いたのはその書き込みの数だ。
 
・コメント(返信)した数は約400回
6月2日から6月5日現在まで、山本監督がTwitterユーザーXさんにコメント(返信)した数は約400回! 
山本監督は監督業や創作活動などをしなくてはならないはずだし、ここまでくると、山本監督のメンタルが疲れてしまわないかと、ちょっと心配である。
 
・病気なら治した方がいいですよ(笑)
山本監督は「忘れてください! お願いします!」や「貴方が世界の中心なんですね? 申し訳ないです(笑)」、
「最低のクズです! だから忘れて!」、「貴方人格攻撃してるんですね? やめてもらえませんか?」、
「病気なら治した方がいいですよ(笑)」などの言葉でTwitterユーザーXさんに返信している。
 
・スルーをする行為が難しいのかも?
「文句や気に入らないことを言われたらスルーすればいいのに」と思うかもしれない。
しかし、良いか悪いかは別として、山本監督の性格は、スルーをするのが難しいのかもしれない。
それが山本監督のスタンスといえるかもしれないので、それが悪いとは言い切れない。
 
・たくさんのすばらしい作品を
山本監督の作品は多くの人たちに「楽しみ」を与えてきた。
これからも、たくさんのすばらしい作品を世に送り出してほしいものだ。
ファンの姿が文字や画像で見えなくても、テレビの向こう側で多くの人たちが作品を待ち望んでいる。
 
参照元: Twitter.

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/4/a/4a27de32.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/f/efaba671.jpg

http://rocketnews24.com/2013/06/05/336882/
続きを読む

2013/05/28

1:2013/05/27(月) 20:34:50.86 ID:
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/c/8/c824a675.gif
ゲーセン利用者が「例大祭主催者が両替所を設置できないかな」と言うとこうなる - Togetter
http://togetter.com/li/508797

ここまでの流れ
http://togetter.com/li/508307


例大祭とかコミケとか小銭がないといけない!ってのは売る側が小銭用意出来ない!って話なら
諭吉さんと新渡戸さん禁止にして主催が売る側専用の両替所設置とか出来ないのかな~って思うな~
kubo0055 2013-05-26 12:18:43←格ゲーマー
http://twitter.com/kubo0055/status/338494380761563136

やぎひつじ ‏@yagi122
これがゆとり脳か こういうお客様意識の参加者が増えてるんだなあ >RT

三崎尚人 ‏@nmisaki ←コミケの幹部スタッフ
バタリ(←死亡) > RT なんで、みんなで他のところで小銭を作ってこようではなくて、
主催がサービス提供するという話になるかなあ…。両替の手間とかリスクとか、考えてもいないだろうなあ

うぐいすみつる ‏@takoppm99 ←プロ漫画家
@nmisaki してもらって当たり前が子供の頃から身についてしまってるのかも。
この頃の子供達を見てるとそういう面が多々あります。自分も気をつけなくては。(>_<)
続きを読む

2013/05/24

1:2013/05/23(木) 21:34:03.35 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/1/7/17669868.gif
難病のため車いすを使用している、作家で大学院生の大野更紗氏の発言が物議を醸した。
「生協にいたってはドアが開閉式で車椅子の幅もなく、毎回ドアを半ば破壊しかけながら突破する。
バリアフリーじゃない場所ではガンガン『迷惑をかける交渉』をします。自分のためと、
次にそこにやってくる『誰か』のために」。
折衷案として、ドアを開けてほしい時に鳴らすベルの設置を生協と交渉中だという。
(略)
大野氏の思想と行動は、脳性まひの人々が結成した「青い芝の会」の主張に基づくらしい。
脳性まひの人々を拒む「健全者文明」を否定すると、綱領に掲げた団体だ。この会を扱った
書籍によると、「尻を拭かせるために、障害者が尻を上げることも労働だ」といった主張もある。
大野氏が通学する上智大学の売店のドアは、確かに開閉式だ。だが、売店は生協による運営ではない。
店長に取材したところ、今回の件は知らなかったという。また、同店ではこれまでに車いすの
利用者とのトラブルはないそうだ。大野氏は、学外での出来事を述べていたようだ。
大学の学生センターにも話を聞いたが、学内で本件に該当するようなトラブルがあったという情報は
皆無とのこと。詳細を尋ねられたので、関連情報を提供した。大学では、これから確認をとるという。
http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2013/05/23_01/ 
続きを読む

2013/05/21

1:2013/05/20(月) 20:12:56.73 ID:

FIFI_Egypt/フィフィ 2013/05/20(月) 19:41:37
パラボラアンテナだらけで衛星で膨大なチャンネル視聴できる環境で、
さらには生活の糧で語学力を得て、メディアリテラシーが身に付いてる発展途上国に比べ、
日本は未だにB層が多く存在するわけで、大手メディアが努力しないワケはそこにあると思うんだよ。
大衆が成熟すれば、すぐ潰れるよこんなの。
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/336431510662045697

FIFI_Egypt/フィフィ 2013/05/20(月) 19:46:23
慰安婦の英語項目をご覧下さい。
日本語版との内容の違いが一目瞭然。
少なからず、これも歴史認識に影響を与えるのに、長らくそれも放置されたまま。
修正したいと思うにしろ語学が伴う。語学とはスキルであり武器です。
RT @*********:
なぜ日本人の多くは英語が出来ないと思いますか?
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/336432712468549632

Comfort women - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Comfort_women

慰安婦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

【慰安婦問題】 タレントのフィフィが激怒「米国は非難の矛先を外に向けて誤魔化すんじゃないよ。先ずは自分らの行為を正しなさいな」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368861272/
続きを読む

2013/05/20

1:2013/05/20(月) 13:52:09.72 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/2/8/28f0c155.gif
高田晋一 ( Ganzo) &#8207;@takosin 8分
一連の騒動大変申し訳ありませんでした、ganzo シェフ高田 晋一です。
私が土曜の夜、乙武様とお断りの事情をお話した時の事が
少し違うので説明させていただきます。
私は終始敬語で対応させていただきました。とうちのスタイルとは
申してなく2階はエレベーターが止まらなく

高田晋一 ( Ganzo) &#8207;@takosin 3分
店内は段差があり車椅子の方は事前に御連絡がないとご案内が難しいと
伝えましたが「うちのスタイルなんでね」と言ってはない事です。
最後にお断りしてしまい申し訳ありませんでしたと頭を下げ謝罪しました。
ツイッターは自由で楽しい情報源として使っていましたが、
私の過去の行き過ぎてしまった

高田晋一 ( Ganzo) &#8207;@takosin 3分
ツイートで気分を害された方には大変申し訳ありませんでした。

https://twitter.com/takosin
続きを読む

ページトップ