暇回り屋(ひまわりや)さん:マクドナルド

マクドナルド

2013/05/28

1:2013/05/27(月) 22:24:35.84 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/a/9/a941a2f3.gif
マクドナルドで食事をする人々の写真

写真家Nolan Conwayはカメラを片手にアメリカ22州にある150店舗のマクドナルドを訪れ、そこに
現れる180人もの「マクドナルドの常連客」を撮影しています。

彼はとくに「田舎」のマクドナルドでの撮影にこだわりを持っているとか。理由は「興味深い人物が
多いから、貧しい人からお金持ちの人までいるから、そして他に行く場所がないから」とのこと。

海外旅行をするとつい「マクドナルド」を探してしまうことがあります。見慣れたマークと馴染みある
メニューは安心感を与え、疲れた心を癒してくれることも。そして、そこには子供からお年寄り、
人種や性別に関係なく、多種多様な人たちがいるため自分が観光客であることすら忘れさせられます。

どんな人たちにも好かれ、どんな人たちでも受け入れてしまう器の広さがマクドナルドにはあるような
気がしますね。

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/26/074/index.html

画像は
>>2
続きを読む

2013/05/12

1: :2013/05/11(土) 21:58:16.82 ID:
ガジェット通信発の独占情報で過去に何度も取り上げてきたマクドナルドの『メガポテト』。資料やポスター更には実物の写真も
公開されあとは公式の発表を待つばかりとなった。ちなみに最初に『メガポテト』の噂情報を公開したのは
4月3日(記事参照:http://getnews.jp/archives/313978)。
ガジェット通信独自ルートの情報によると、『メガポテト』は5月24日より全国店舗で発売開始、試験的に5月17日からも開始される
店舗がある(噂)。Lサイズ2個分という特大ボリュームで内容量は350gとなっており、お値段は490円とLサイズの
マックフライポテト(290円~310円)を2個購入するよりも少し安く設定されている。

そんなマクドナルドの『メガポテト』発売を直前にして、ライバルとなるものが出現。それはイトーヨーカドーのフードコートとして
経営されている“ポッポ”のとあるメニューである。そのメニューとはマクドナルドが今度発売しようとしている『メガポテト』と同名である
『メガポテト』という商品。つまりポッポ版『メガポテト』である。こちらも特大ボリュームで既に発売されており、お値段はマクドナルドの
『メガポテト』490円の半額以下の200円となっている。
マックフライポテトのMサイズが250円なので、それよりも安い値段で特大ポテトを提供していることになる。

マクドナルドは単品の定価を高くしてセットを安く見せる戦略を昔から取っている。そのせいでマックフライポテトやドリンク類を単品で
注文すると割高に感じてしまう。今度発売される『メガポテト』もLサイズの値段(290円~310円)にあわせて設定されているので、
どうしても割高になってしまったのだろう。

単品を50円や80円とかで販売したら誰もセット頼まなくなり、その低価格にあわせてセットの値段を下げたらマクドナルドの
利益が減ってしまうという。高い値段のセットを買うのがマクドナルドのとっては好都合な客なのだ。

ポッポ側はそんな戦略を取っていないため200円という強気な値段設定を付けることができたのだろう。
ポッポとマクドナルドが近場にある人は、マクドナルドでバーガー買ってポッポでポテトを頼んだ方が賢いかも?

http://getnews.jp/archives/338020
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/2/c/2c68d466.jpg
続きを読む

2013/05/10

1: :2013/05/09(木) 17:56:03.10 0 ID:
日本マクドナルドは5月17日、期間限定メニュー「チキンタツタ」「チキンタツタ 和風おろし」を、
31日に新メニュー「ポークタツタ」を発売する。

チキンタツタは、しょうが醤油風味のチキンパティと千切りキャベツをバンズにはさんだ人気商品。
期間限定のメニューとしてたびたび販売されている。今回はさらに、
グリルポークパティとオニオンジンジャーソースを使い、しょうが風味の味付けにしたポークタツタも投入する。

チキンタツタの価格は単品300~340円、バリューセット610~670円、
チキンタツタ 和風おろしは単品320~360円、バリューセット630~690円。
販売期間は6月上旬まで(朝マック非販売店舗5月13日から販売する)。

ポークタツタは単品310~350円、バリューセット620~680円。
販売期間は6月下旬まで。

ソース:ねとらぼ(2013年05月09日 16時59分)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1305/09/news102.html
画像:「チキンタツタ」(300円~340円)

画像:「チキンタツタ 和風おろし」(320円~360円)
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/6/6/6652e175.jpg
画像:「ポークタツタ」(310円~350円)
続きを読む

2013/05/06

1: :2013/05/06(月) 07:12:51.59 ID:
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/d/f/dff4f887.gif
ガジェット通信で度々報じているマクドナルドのLサイズ2個分のポテトの噂。ガジェット通信以外のソースが無いので信憑性に
欠けることや、Lサイズ2個分という現実離れしたメニューから噂止まりであった。
当初ガジェット通信に最初に情報が舞い込んで来たのは4月3日。その際は『シェアポテト』という名前で企画されていたようで、
マクドナルド社内の企画書にもハッキリと『シェアポテト』と書かれている。
Lサイズ2個分を家族や友だちで分け合って食べるというコンセプトのメニューだったようだ。

それが先日になり突如この企画メニューが『メガポテト』と名称変更された。しかし内容量や企画内容そのものは変わらず
Lサイズ2個分(約350グラム)という特大ボリュームのポテト。

この噂段階の『メガポテト』がどうやら確定したようだ。一部店舗には既にポスターが配られいつでもサービス開始出来る準備に
移っているという。そのポスターが上記のポスターである。

当初は5月17日開始で490円とされていたこのキャンペーン企画だが、具体的な発表はマクドナルドが近日中に発表するだろう。

画像はガジェット通信独自ルートにより入手したもの。

http://getnews.jp/archives/334586

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/9/9/996f8848.jpg
続きを読む

2013/05/01

1: :2013/05/01(水) 07:54:09.77 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/f/6/f62a7639.gif
「朝マック」とは何か? 皆さんご存じのとおり、マクドナルドが朝の時間帯に提供している朝食メニューのことである。ハンバーガーやマフィン、ハッシュポテト、コーヒーなどが用意されており、朝からお腹もココロも満たしてくれる美味しい朝食だ。

その朝マックの人気メニュー「マックグリドル ベーコン&エッグ・チーズ」が、期間限定で全時間帯で販売されることになったのだ。朝マックだけど昼も夜も食べられるわけだ。あ、あ、朝マックなのに! 朝なのに!

全時間帯販売は、朝マックを実施している店舗で2013年5月7日(火)から開始されるという。朝マックの概念を超越した存在になるのかッ!? このニュースに対して、インターネットユーザーからは以下のような声が出ている。
 
「それ、朝マックちゃう」
「もはや朝マックではない」
「夜の朝マック誕生w」
「朝マックの意味ねえええええ」
「マックが迷走してる」
「夜型人間にも優しいね!!!!!」
「なんだよグリドルだけかよ! ハッシュポテトも出せ」
 
…などなど、やはり鋭い突っ込みが入っている状況だ。ほかにも「他の朝マックメニューでも実施してほしい」という要望もあった。けっこうハッシュポテトに人気があるようで、それも全時間帯で食べられるようにしてほしいという声も多数あるようだ。あれ美味しいもんなあ~。

なお、都内に住む朝マックファンは「マックグリドルといえばパンケーキにしみ込んだメープルシロップの鼻血が出るくらいの強烈な甘さと、具の程よい塩分が魅力。あの脳天に響く濃厚な味がたまりません。それが昼も夜も食べられるなんて最高ですね!」と話していた。

朝からガッツリとエネルギー摂取できるマックグリドル。昼や夜に味わうと、また違った味わいがあるのだろうか。なお、マックグリドルベーコン&エッグ・チーズの全時間帯販売は5月中旬頃までやるとのこと。

http://rocketnews24.com/2013/04/30/323606/
続きを読む

ページトップ