暇回り屋(ひまわりや)さん:在日

在日

2013/05/14

1: :2013/05/13(月) 23:51:34.64 ID:
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/c/6/c6e02c7c.gif
「韓国人」 「在日」 「朝鮮人」 など排外主義的言動が昨年12月以降、増加傾向に―民主党レポート
特定の人種、民族差別するキーワードの出現は約7,500件から約25,000件に

インターネットを活用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が4月19日、参院本会議で可決・成立しました。
本運動を主導的に牽引してきた鈴木寛が、
日本初のネット選挙戦へ向けた取り組みや社会的な課題についてレポートを発信して参ります。

 今回は表題の通り、5月7日の国会質問に際して、現在のネット言論に対する問題提起と根拠となるデータについてご報告します。

【データ(調査報告)の概要】
 本日の参院予算委員会質問で、鈴木が安倍総理に指摘させていただいたネット上のヘイトスピーチに関するデータについて。

ソーシャルメディア・口コミ分析ツール「ブームリサーチ」を使用し、
ブログ、掲示板、2チャンネルなどで記載されている言葉の利用動向を調べたもので、
政権交代後の昨年12月末から時系列で使用頻度をグラフ化しました。

キーワードとしては、東京都内で昨今、
一部の人たちが繰り広げている排外的なデモ活動で使われることの多い「朝鮮人」「韓国人」「在日」を選びました。
ブームリサーチで解析したところ、12月31日から4月1日にかけ、「在日」は7,500余りから25,000近くまで急増。
「韓国人」は約6,000から20,000件を超え、「朝鮮人」も5,000から13,000と増加傾向にあることが分かりました。

http://www.zaikei.co.jp/releases/101248/

続きを読む

2013/05/03

1: :2013/05/03(金) 01:59:38.11 0 ID:
「日本海も実は朝鮮海」

慶熙大学校の恵静博物館は05年、韓国で初めて設立された古地図専門の博物館。
金恵静館長(68)自身が収集した東西の古地図や古文献などは数万点におよぶ。

韓日の歴史的関係を世界の古地図から読み解いてきた。日本海とも呼ばれる海域は、
1700年代のヨーロッパで作られた古地図全体の95%には「シー・オブ・コリア」(朝鮮海)と
表記されていると言う。そのことを多くの人に知ってほしいとも。

「『東海』は単なる東の方位を指すのではなく、三国時代から私たちの一つの国を表す固有名詞であり、
祖先たちが朝鮮海を、生活の場として育んできた歴史を見ることができる」
 
東京出身の在日3世。在日として生き、ときには空虚な気持ちになったと当時を振り返る。
「私の血はここ(日本)ではない」と肌で感じてきた。28歳まで日本で暮らし韓国へ渡った。
韓国のために、自分の生き様を見せながら、韓日の懸け橋のような役割がしたいと思ったと言う。

本好きで古書店を回っていたとき、地図と巡り会ったことが大きな転機となった。領土問題を巡って、
韓日関係がぎくしゃくするなか、「真実は一つ。それを歪曲して、違う考え方を子どもたちに教えると
いうのは、結局、本当の意味で平和は来ない」と認識している。

これまで韓国や日本などの地図学者、大学院教授らとともに古地図の研究、また古地図に対する
認識を高めるためのセミナーを開催してきた。

「歴史を客観視したうえで初めて、私たちの後世は平和な生活を営む土台ができる」。そのために
古地図を通して、平和な韓日関係を築こうと尽力をしている。

そーす 民団新聞
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=7&category=6&newsid=17303
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/7/9/79deb56a.jpg
続きを読む

2013/04/29

1: :2013/04/29(月) 13:23:41.55 ID:

「新大久保のゴキブリの皆さんこんにちは。こちらは『全日本・社会の害虫を駆除しよう清掃委員会』です」

「在日韓国人をテポドンにくくりつけて韓国に撃ち込みましょう」

日本国内の一部右翼団体の“韓国叩き”が度を越えている。3月からほぼ毎週日曜日に東京・新宿や大阪など韓国人密集地域で右翼の極端な扇動が続いている。

日本の主要メディアが懸念するほどだ。「『敵』を見つけ、暴力的な言葉を浴びせる人々がいる。それを容認し、
駆り立てる空気がある」(28日付朝日新聞)、「表現の自由として議論する問題ではなく、
こうした行動や発言を日本国民として受け入れられるのかどうかをまず考えるべき」(26日TBS)。

状況が極端に進み右翼団体と韓国人の衝突まで懸念されると、同じ右翼勢力内でも自省の声が出ている。
新右翼「一水会」の木村三浩代表は「やりすぎだ。大使館に行きちゃんと抗議すれば良いこと」と嘆いた。
朝日新聞は28日に在特会の反韓デモに参加し懐疑を感じ“転向”する39歳の男性の経験談を紹介した。
この男性は2011年8月からデモに65回参加した。歴史問題でいつも日本が攻撃を受けているという考えだった。
ノートパソコンとカメラを持ってデモ現場をインターネットで生中継した。だが、
デモ参加者と一般市民の間の温度差を感じ韓国に対する“怒り”の根拠を探すことになった。
歴史の本で在日韓国人がなぜ日本に住んでいるのか歴史的な経緯を初めて知ることになったという。

彼は先月、悩んだ末に「決別宣言」をネットで配信した。「殺せ、ゴキブリと言いながらのデモには、もう賛同できない。
スタンスの違う人からは、モンスターに見えるのではないか」。彼の宣言が出されると1時間で「在日認定」「氏ね(死ね)」などの批判コメントが5471件殺到したという。

ソース 中央日報
http://japanese.joins.com/article/993/170993.html?servcode=A00&sectcode=A10
続きを読む

2013/04/27

1: :2013/04/27(土) 09:40:25.84 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/9/b/9b596dd6.gif
在日は好きでも嫌いでも長期間日本で暮らす―韓国メディア

今月23日には在日同胞3~4世で構成された在日韓国青年会が見るに耐えかねて抗議声明を発表することもした。
問題は日本国内で社会的・経済的弱者である在日同胞と留学生だ。
彼らは好きでも嫌いでも長期間日本で暮らさなければならないので右翼の標的になりやすい。

日本右翼に口実を与えそうである不祥事が起きないように警備態勢を強化しなければならない。

もちろんそのような対策も悪化した韓国・日本関係を改善させるところには限界がある。

(在日韓国人と日本人)双方のデモ過程で暴力衝突が起きれば事態は手の施しようもなく悪化する。

韓国中央日報 2013年04月26日
http://japanese.joins.com/article/944/170944.html?servcode=100&sectcode=140
続きを読む

2013/04/22

1: :2013/04/22(月) 13:04:30.36 ID:

・Twitterで芸能界引退を示唆するような発言をして話題となっているエジプト出身タレントのフィフィが22日、
 「これで言い残すことも無い、未練も無い」と、意味深長なツイートを発している。

 在日外国人の立場から日本の未来を見据えた発言は多くの注目を集めたが、その一方、注目度が増すにつれ
 発言に対する反論も増え、中には「フォロワー獲得のための売名行為だ」などと非難する声や、あるいは誹謗中傷や
 脅迫じみたツイートも少なからず見られるようになっていた。

 そうした一部Twitterユーザーの声に対し、以前から、「国民の多くを不快にしても仕事がもらえて、国のために発言
 すると干されるんでしょ?この国ってw」などと辟易した様子でつぶやいていたフィフィ。17日には、「フォロワー獲得の
 ために呟いてると叩いたり…こうして呟くほど仕事が減少してるリスクぐらい想像できないものかね?そんな
 甘いもんじゃない」と、反論とともに、Twitterでの発言が仕事に影響を及ぼしていることをにおわせ、さらに続けて、
 「ネットで話題でも番組に呼ばれない。どんな圧力が働いてるか想像つきますよね?もう諦めたからこそ自由に発言
 してるんです」と、芸能界引退を示唆するツイートを発すると、一部ネットメディアが「フィフィが引退を示唆」と報じ、
 話題となっていた。

 報道については、「圧力に屈して干されて引退を示唆という記事は心外です」と、その内容の一部に反論したフィフィだが
 「言論の自由が許されないメディア媒体があるのは事実ですが、今やメディアは多様化しています。B層に崇められる
 媒体に媚びて主張を曲げてまでやるつもりはないだけ。これからも変わらず発信します。沢山の応援メッセージありがとう
 御座いました」と、引退に関しては否定せず。さらに、「不思議ですね、人間どうやってでも生きていけると思ってるんです。
 やはり色んな国で色んな人の生き方を見たからでしょうか…それでも、明日は何とかなるさって生きていけるんですよね」と
 活動の場を移すことを示唆するツイートを発した。(>>2-10につづく)
 http://www.rbbtoday.com/article/2013/04/22/106800.html
続きを読む

ページトップ