暇回り屋(ひまわりや)さん:変態仮面

変態仮面

2013/04/22

1: :2013/04/22(月) 05:42:08.28 ID:
セクハラダヒトミ、まさかのパンツOK!?
まさかの事態です。

人気声優、原田ひとみ氏が変態仮面公式アカウントのパンツ要求にノリノリになるという事件が起きました。

原田ひとみ氏は人気沸騰中の声優さんで、『バカとテストと召喚獣』の姫路瑞希役や、『ひだまりスケッチ』シリーズの乃莉役で御活躍中です。
そのノリの良さとセクハラ的言動、はたまた魅力的なスタイルから「セクハラダヒトミ」や「むっちりーに」などとアダ名を付けられる彼女ですが、今回の言動には、さすがにビックリしたファンも多かったようです。

一方、『変態仮面』はあんど慶周氏の人気(!?)漫画原作の邦画です。
高校拳法部のエース色丞狂介は、女性のパンツをかぶることで潜在能力が発動する超ヒーロー。
その変態的な能力や言動が従来のヒーロー物から明らかにずれていることなどから、アラサー世代には根強い人気があります。
筆者も大好きな作品で、『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインも演じられた清水富美加氏が「パンツを被られる役」を演じるという規格外の配役に、思わずフォォォォォ!!となった程です。


始まりはツイッター上で
きっかけは原田氏が映画『変態仮面』を見に行ったことをツイッター上で

「映画『変態仮面』を観て、私もぱんつをかぶってもいいんだなって、勇気を貰えました」都内在住・女性

と告白したことから。

すると数時間後、映画『変態仮面』の公式ツイッターアカウントから、

すいません、ちょっとパンティを拝借してもよろしいですか?

とのまさかのリプライ。

すると原田氏、持ち前のノリの良さで

変態仮面さま…!私のパンティでよければ…これで困っている人を救ってください!

と返事。

こうして人気声優と変態仮面の、まさかのコラボレーションが誕生したのです。

その後の展開はまさに圧巻。
もちろん、ここでこの話は終わりません。

この後のお二人のやり取りは、目に余る…じゃない目を離せないものがありました。

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/3/c/3c0f71fa.jpg

原田ひとみツイッター
https://twitter.com/vhitomin

「HK/変態仮面」公式アカウント
https://twitter.com/HK_hentai
画像は下記公式サイトより引用
http://hk-movie.jp/index.html [リンク]

http://getnews.jp/archives/326393

※続く
続きを読む

2013/04/16

1: :2013/04/16(火) 12:12:20.46 ID:

4月6日より新宿バルト9で先行公開され、13日より全国公開がスタートした映画「HK/変態仮面」。
わずか12館でのスタートにも関わらず、現時点で異例のアベレージを記録しており、週末はメイン館の新宿バルト9で満席続出、異例の大ヒットスタートを切った。

週末にはキャスト、監督、原作者が東京・横浜・博多・名古屋で舞台挨拶を実施。すべての回が満席となり、東京以外のエリアでも順調な興行となっている。

客層としては、13日(土)に、新宿バルト9で行われた舞台挨拶で福田監督が驚いたように、作品のタイプとしては異例なほど、女性客の来場が目立つのが特長。
また、横浜で行われた舞台挨拶では、原作を読んでいた父親に連れられた家族連れが見られたほか、幅広い層が劇場に足を運んでおり、今後も順調な興行が期待される。

当初は、DVDを中心とする企画だった「HK/変態仮面」
。主演の鈴木亮平の原作へのリスペクトや気合い、公開ギリギリのタイミングまで粘って製作をした福田組の熱意が、作品を原作者も驚愕するレベルにまで押し上げた。

結果、その熱は国内公開前から海外に伝播。国内外から高い注目を受ける作品になり、企画段階の想定興行収入の10倍を記録する大ヒットスタートとなっている。

http://www.narinari.com/Nd/20130421287.html
続きを読む

ページトップ