暇回り屋(ひまわりや)さん:日中

日中

2013/04/21

1: :2013/04/20(土) 20:24:46.89 ID:
 2013年4月19日、シンガポール華字紙・聯合早報は「中国通の日本人、日本オンチの中国人」と題したシンガポール仏教学院
の紀贇(ジー・ユン)助教授の論説を掲載した。以下はその概要。

 仏教研究のシンポジウムに参加するため台湾を訪れたが、そこで大多数の中国人よりも中国文化に精通している日本人の
学者たちに会うことができた。中国語の仏教経典研究の第一人者も日本人だ。数年前、「中国の古代研究は中国が上か?
日本が上か?」という論争が学術サイト上で話題になった。敦煌研究についていえば、「敦煌は中国にあるが、敦煌学は日本に
ある」という見方もあるが、日本人学者の中国研究の深さや広さは誰もが認めるところだ。

 歴史的に見ても、日本と中国の文化が相手国に及ぼした影響力には大きな差がある。明治時代や日清戦争までは、
中国文化が日本に輸出されてきた。最近では多くの中国人が日本で暮らしているが、量的にも質的にも日本の「知中派」は
中国の「知日派」をはるかにしのいでいる。こうした日本の「知中派」が、過去の日中戦争において日本の優位を導きだした。
彼らが製作した正確な中国地図は中国軍も使用していたほどだ。しかも日本軍上層部の板垣征四郎や土肥原賢二、岡村寧次、
石原莞爾も有名な「中国通」だった。

 終戦後、中国人は日本人に対する恨みや軽蔑から、あるいは国内の政治的思惑からか、日本についての研究を怠ってきた。
日中戦争についても、事実に基づいた検証を行うことはなかった。それが今の荒唐無稽な抗日ドラマの氾濫につながっている。
中国が低俗でバカバカしく、安っぽい抗日ドラマを躍起になって制作している間に、日本は台湾と中国の間にある矛盾をついて、
尖閣問題上での両者の力を2分し、両者の矛盾をさらに広げることに成功した。

 中国はこれまで日本という強国を直視してこなかった。彼らにとって日本は敗戦国であり、中国は戦勝国だからだ。日本は
戦争には負けたがそれは米国に負けたのであって、中国に負けたのではないと思っている。戦争を起こしたのは「白人による
アジアの植民地化を阻止するため」と主張する日本に、当時の軍国主義を心から反省させることは困難だ。日本が中国に対して
抱いている優越感が今後の日中関係の障壁になるのなら、中国の日本に対する理解不足も障壁になる。両者の隔たりと誤解を
このまま放置すれば、将来深刻な衝突を招くことになるだろう。

ソース(Yahoo・Record China) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000016-rcdc-cn
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/b/8/b86baa43.jpg
続きを読む

2013/04/18

1: :2013/04/18(木) 08:01:39.31 ID:

★日中関係:「靖国問題解決が必要」と自民・野田氏

 自民党の野田毅・日中協会会長は15日、東京都内で開いたアジア調査会(会長・栗山尚一元駐米大使)主催の
講演会で「日中関係は靖国問題を残したまま明るい展望を描くのは難しい」と述べ、
冷え込んだ日中関係改善には靖国問題の解決が必要だと訴えた。

 野田氏は日本が侵略戦争を認めたことが日中国交正常化の原点だとし、
「中国から見れば日本の対応が当時と全然違う。靖国神社へのA級戦犯合祀(ごうし)が決定的だった」と指摘。
国交正常化後に行われた合祀を取り消すか、別の神社に移すことを提案し、
自身が提唱した「主権回復の日」制定と「セットでやるしかない」と述べた。

 さらに「『右を持って右を制す』のが政治の常だ」と、
保守派の支持が厚い安倍政権による解決に期待した。【吉永康朗】

mainichi.jp http://mainichi.jp/select/news/20130416k0000m010017000c.html
続きを読む

2013/04/16

1: :2013/04/16(火) 18:27:53.96 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/0/e0a0481e.gif
2013年4月14日、中国・上海市で日本人留学生と中国人学生による合同成人式が行われた。およそ200人の学生がそれぞれ
の民族衣装である和服や漢服などを身に着けて参加。

この「日中友好成人儀式」は、尖閣問題によって悪化した日中関係改善への願いを込めたものだと日本メディアは報じて
いる。

報道を見た中国の多くの人々がこの衣装の“日中格差”に怒りと不満を感じたようだ。多数の人は「和服の方がずっと美
しい」「漢服のほうが見劣りする」と感じ、いたくプライドを傷つけられたようである。

“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトには、以下のような意見が寄せられた。
「漢服惨敗」
「和服が完勝、漢服はゴミ」
「漢服のきこなしが最悪。髪もセットしないわ、メイクもしてないわ。恥さらし」
「漢服最悪。どこの能無しが和服の隣りに堂々と座れるんだ」

「和服って彼女たちにとってハレの日に着るものだから、それなりにきちんと扱うものだよね。漢服を着ているお嬢さん
たちにとっては、漢服は『一度来たらポイ』の布きれのようだ」「和服の色づかいはすばらしいね。それに比べて漢服は
…あーあ」

「日本の学生は伝統というものをきちんと継承し、理解したうえで和服を着用している。髪型、化粧、しぐさに至るまで
が行き届いている。それに比べ、中国の学生の漢服は完全にその場限りのお遊び。みすぼらしいよ」

日中合同成人式、「着物の方が断然キレイ」と不満の声が殺到―中国版ツイッター
配信日時:2013年4月16日 10時28分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=71371
続きを読む

ページトップ