暇回り屋(ひまわりや)さん:田村ゆかり

田村ゆかり

2013/05/21

1:2013/05/20(月) 10:38:10.33 ID:
ゆかりんのねんどろいどの発売が決定しました!

商品名: ねんどろいど 田村ゆかり
作品名: 田村ゆかり
メーカー: キングレコード株式会社
価格: 4900円(税込)
発売時期: 田村ゆかり LOVE ? LIVE 2013 *Cute'n ? Cute'n Heart* 会場にて販売
仕様: ABS&PVC塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高約100mm
原型制作: 七兵衛
制作協力: ねんどろん
製造協力: グッドスマイルカンパニー



http://www.tamurayukari.com/information/index.html#i114
続きを読む

2013/04/28

1: :2013/04/28(日) 11:01:55.93 ID:
5月29日にリリースされる、田村ゆかりのライブDVD / Blu-ray「田村ゆかり LOVE ▽ LIVE *Fall in Love*
2012.10.18 at YOKOHAMA ARENA」(▽はハート表記)の収録内容およびジャケットデザインが発表された。

(
>>2
以降に続く)
http://natalie.mu/music/news/89519

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/f/2/f23be3ad.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/3/e3cfbecf.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/9/f/9fb25b39.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/5/e55157a1.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/d/b/db9426e4.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/a/7/a77d23e5.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/f/1/f10b3462.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/9/e9631f8c.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/8/d/8d555930.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/9/7/978f1eac.jpg


http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/f/2/f2b88bb7.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/5/d/5d8758a9.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/d/0/d0e94fc8.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/a/6/a661c4e9.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/e/0/e08af848.jpg

【音楽】声優界のスーパーアイドル“ゆかりん”こと田村ゆかり(35) 9thアルバム初回付属DVDに新曲「アイ マイ ボーダー」MV収録!
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322222828/
続きを読む

2013/04/19

1: :2013/04/18(木) 12:07:59.29 ID:

声優として活躍しながらアーティストとしても高い評価を集める田村ゆかりが、
ナタリーに満を持して初登場。音楽活動にスポットを当てたロングインタビューが実現した。

■引っ込み思案の変身願望

─でも声優としての活動はもちろん、音楽活動で大勢の前に立ったりという、外に向けて何かを発信する「表現者」の仕事というのは、ある意味引っ込み思案で
いることとは真逆の方向ですよね。いったいどういうきっかけで表現する側の道を選んだのでしょうか。

私は本当に引っ込み思案で、友達もそんなに多いほうじゃなくて。
学校でもあまり目立たなかったし、先生に褒められるようなところがなかったんですね。
そんな中、小学4年生のときに国語の朗読を先生に褒められて、
それで「本を読む」ということに自信が持てたんです。それからは自分から
手を挙げられるようになりました。そこからお芝居に興味を持って。それが今につながる
きっかけですね。もともとは声優というより、お芝居がやりたかったんですよ。
もっとちっちゃいときにはアイドルになりたいみたいな夢もあったので、
高校生の頃は地元の福岡で受けられるいろいろなオーディションを受けてました。

─お芝居やアイドルというのは、自分を表現するというよりむしろ「別の何かになりたい」という気持ちがあったんでしょうか。

そうですね。とにかく引っ込み思案だったから変身願望が強くて。
だからテレビの中でニコニコしているアイドルに憧れているんだと思っていたし、
お芝居の楽しさを知ってからは……別に役者じゃなくてもいいなと思ってたんですよ。
福岡だったら例えば福岡タワーで案内するお姉さんとか。
何かの役を演じるんじゃなくても、言葉で何かを伝えることがしたかったんです。

─ラブリーな世界観が「ゆかり王国」の基本──それが声優への道へとつながったのはどういうきっかけで?

それはホントに偶然ですね。
地元でオーディションを受けたりしながら結局は就職をしたんですけど、
それでもお芝居をやりたいという気持ちはあって。そんなときに、
養成所にタダで入れるというオーディションを見つけたんです(笑)。
そこでさらに事務所のオーディションを受けなくちゃいけなかったんですけど、
アイウエオ順で探して一番上にあったのが、たまたま声優が多く所属するアーツビジョンで。

─「芸能事務所」欄で一番上にあったところに(笑)。

「アー」だから(笑)。アニメは観てたし、声優というお仕事については把握してましたけど、
ラジオをやったり歌を歌ったりという仕事も含まれていることにびっくりしました。

─音楽活動についてはわりと早い段階から?

そもそも最初に受かったのがレコード会社のオーディションで、CDを出すことが前提だったんです。
そういうスタートだったから、むしろ最初の頃は歌を歌うほうが多かったです。

─では歌のトレーニングを始めたのも事務所に入ってから?

実は歌のトレーニングって今まで一度もしたことなくて。
私は歌をじっくり聴かせるような歌手ではなくて、やっぱり声や表現を聴いて
もらう人だと思っていたので、歌を習いに行ってものすごくいい発声になるのは
ヤだなと思ってたんですよ。ちょっとヘタクソでも味があるほうがいいかなって。
今になって「トレーニングしたほうがいいかな……」って思うことはあるんですけど(笑)。

─では自分の中でお手本にした歌手、憧れのアーティストは?

お手本というとおこがましいですけど、ずっと憧れているのは松田聖子さんですね。

(以下略。全文はソースにて)
http://natalie.mu/music/pp/tamurayukari
続きを読む

ページトップ