暇回り屋(ひまわりや)さん:経済

経済

2013/05/02

1: :2013/05/02(木) 15:14:09.66 ID:

韓国の流行の最先端、ソウルのカンナム地区に日本の大手外食チェーン「ワタミ」が2 日、
一号店をオープンさせ、日本食人気を追い風に食品業界の韓国進出が活発化していま す。

日本国内と海外に700を超える店舗を展開する大手の外食チェーン「ワタミ」は、韓国 の
食品業界大手と合弁会社を設立し、2日、流行の最先端、ソウルのカンナム地区に日本 風の
居酒屋の一号店をオープンさせました。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20130502/k10014330721000.html
続きを読む

2013/05/01

1: :2013/04/30(火) 23:11:16.07 ID:

アップルストアからウォルマートまで、ジャンルを問わず、店の数多くは、華やかなシーンや
心躍る音楽、心地よい香りで満たされ、ついテンションが上がってしまうもの。

もちろんこれらはすべて、来店した客により多くお金を使わせるために仕掛けられた巧妙な
トリックです。ココナッツの甘い香りが漂う夏ファッションコーナーも、ガラクタだらけの
特売コーナーも、消費者にはけして気づかれないよう、うまく計算されているのです。

では、具体的に、お店はどのような方法で、消費者の五感を操っているのでしょうか。
米ゴールデンゲート大学(Golden Gate University)の消費者心理学者で、
『Gen BuY: How Tweens, Teens, and Twenty-Somethings Are Revolutionizing Retail
(若者は小売りをどう変革しているか・英書)』の共著者であるKit Yarrow博士に、
詳しく聞いてみました。
(中略)
また、小売業者は、簡単な障害物を設けることで、消費者の無意識に働きかけます。
例えば、牛乳のような商品だと、それ一品だけを買うためにスーパーに立ち寄る、
なんてことがありますが、牛乳は店の奥にあることが多いです。そうすることで客は
目当ての牛乳にたどり着くまでに店内を歩いて回ることになり、自然と他の商品も
視界に入ります。牛乳を手に取るまでに、いくつかの商品をすでにカゴに入れているかもしれません。

*+*+ マイナビニュース +*+*
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/30/270/index.html
続きを読む

2013/04/20

1: :2013/04/20(土) 21:07:44.99 ID:

報道ステーションにエコノミストの浜矩子さんが出ていた。

アベノミクソ、アホノミクスのバクチ経済に対する見解が、わしの直観と同じ。

安倍政権の広報と化しているテレビで、同調圧力に屈することなく、「ダメなものはダメ」と明確に言ってくれるので、実に痛快!

バブルに踊るのは、株で儲けてる一部の富裕層だけだ。
小泉・第一次安倍政権の頃に見た風景。馬鹿はもう忘れたか?

安倍晋三が直々、経済界に圧力かけて、その結果、春闘で満額回答などと報道され、
大企業だけは給料アップしたと宣伝されていたが、その実質は「月額51円」アップにすぎなかった。

中堅・中小企業の景況感は悪化している。

正社員の解雇規制緩和も進められており、いずれクビ切り自由化になるだろう。

円安でこれから物価は上がるだろうが、実体経済は成長してないので、賃金は上がらない。

この景況感のまやかしは、6月になれば消費税増税の決定を後押しする。

駆け込み消費で今はマンションなどを買う人もいるだろうが、来年からは給料・賃金は上がらないまま消費税増税だ。

庶民は苦しくなるばかり。

マネーゲームのプロは、個人投資家を賭場に誘い出して、掛け金を増やすだけ増やして、
どこで一気に売り浴びせるかを狙っている。
御用エコノミストばかり重宝されるメディアにおいて、浜矩子さんの見解は貴重である。

ソース
https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=joxh0d05t-736#_736
続きを読む

2013/04/17

1: :2013/04/16(火) 22:02:17.68 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/c/a/cad9325e.gif
韓国経済が深刻な不況、オフィスビル空室率90%にも

昨年8月に竣工したソウル・汝矣島(ヨイド)のある大型オフィスビルは夜になると幽霊ビルになる。
55階建ての超大型先端ビルだが、竣工して半年を過ぎたいまでも90%以上が空いているためだ。
近隣の不動産仲介業者関係者は、「往来する人がなく雰囲気がとても寂しい」と伝えた。ほぼ同じ時期に建てられた近くの29階建てビルの事情も似ている。
今年初めに企業2社が入居したが依然として延べ面積の80%程度は空のままだ。

ソウル・光化門(クァンファムン)の12階建てビルの管理所長のキム氏はこのところ
空きオフィスのため夜も眠れない。キム氏が賃貸契約責任も担当しているが、3フロアが6カ月にわたり空いている。
彼は「時々借りたいという人が来るが、レントフリー(無償賃貸)などの要求条件が厳しく契約は容易でない」と話した。

詳細 中央日報 2013/4/16
http://japanese.joins.com/article/555/170555.html?servcode=300&sectcode=300
続きを読む

2013/04/16

1: :2013/04/16(火) 08:46:12.99 0 ID:

円安を放置すると、1997年の通貨危機、2008年の金融危機のような
破局を迎える可能性があるという憂慮が提起された。
韓国の経済民主化が、国への依存度を高め葛藤要因として作用しうるという警告も出てきた。

ソウル明洞(ミョンドン)の銀行会館で15日に開かれた
『新政府の経済政策方向』セミナー(韓国経済学会、経済・人文社会研究会共同主管)で
こぼれ出てきた学者たちの忠告だ。

“足もとの火”は、最近の円安にともなう韓国企業の競争力低下だ。
高麗(コリョ)大学経済学科のオ・ジョングン教授によれば韓国は
95~97年、円の対ウォン相場の大幅な下落後、97年に通貨危機を迎え、
2004~2007年の円の下落後には2008年に金融危機を迎えた。
経験的に
“円安→輸出企業の競争力低下→経常収支悪化→金融危機”
という悪循環があらわれているということだ。
オ教授は
「円が昨年6月~今年末までに42%以上下落する場合、
来年初めに危機を迎える可能性がある」
と強調した。

経済民主化は“難しい問題”だった。
明知(ミョンジ)大学経済学科のチョ・ドングン教授は
「経済民主化という話は、政治的に誕生した用語」として
「今は経済民主化の根底に敷かれた平等主義・国家介入主義を克服して、
企業により多くの経済的自由を許容して成長ペダルを踏まなければならない時」
と主張した。
韓国保健社会研究院のユン・ソクミョン年金研究センター長は
「福祉財源確保のためには、所得に比例した社会保障税を導入するなど直接税の引き上げが必要だ」
として
「相対的に手軽な付加価値税率の引き上げや赤字財政編成は、
未来の福祉・統一に備えた政策手段として残しておかなければならない」
と助言した。

韓国政府が立てた“創造経済”戦略の修正が必要だという指摘も出た。
現代経済研究院のユ・ビョンギュ経済研究本部長は
「創造経済戦略は、新成長産業の創出や中小企業育成など成長部門にのみ集中した」
として
「創造経済の概念を“新しい事業・産業育成を通した働き口の創出”として単純化しなければならない」
と説明した。
http://japanese.joins.com/article/531/170531.html?servcode=300&sectcode=300
続きを読む

ページトップ