暇回り屋(ひまわりや)さん:開城工業団地

開城工業団地

2013/05/04

1: :2013/05/03(金) 22:36:04.91 0 ID:

韓国政府は3日、開城工業団地をめぐる北朝鮮との実務協議を受け、
北朝鮮側が未払いだと主張した1300万ドル(約12億7600万円)を支払ったと明らかにした。

北朝鮮は実務協議の過程で、
開城工業団地で働く北朝鮮側労働者の3月分の賃金730万ドル、
2012年度の企業所得税400万ドル相当、
通信料や廃棄物処理費などその他手数料170万ドルを支払うよう求めた。

韓国統一部当局者は



    「韓国側人員の早期帰還が重要だとの判断の下、
    北朝鮮が要求した未払い金を支給し、入居企業に確認後、事後精算することにした」



と説明している。

北朝鮮側は4月分の賃金120万ドルも支払うよう求めたが韓国側は受け入れず、あらためて協議することにした。

韓国政府は今後の北朝鮮との協議に向け、
現在遮断されている板門店の南北直通電話と南北軍当局間の通信を正常化するよう求めた。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/
2013/05/03/0900000000AJP20130503004200882.HTML
続きを読む

2013/04/29

1: :2013/04/29(月) 03:01:33.35 0 ID:

韓国政府の開城(ケソン)工業団地撤収勧告により、27日に工業団地内の韓国側人員126人が帰還したが、
工業団地が完全閉鎖につながるかは今週に最大の山場を迎える見通しだ。核心となるのは電力供給問題だ。

126人の帰還で工業団地には50人だけが残っているが、彼らは29日に帰ってくる。残留人員は
開城工業団地管理委員会の職員と、韓国電力やKTなど関係機関の関係者だ。この日の帰還は2回にわけて行われた。
まず11人が午後2時40分ごろに車両4台に分乗して京義線南北出入事務所(CIQ)に到着した。続いて4時10分ごろに
115人を乗せた59台の車両が到着した。これで開城工業団地の稼動は完全に中断された。しかしまだ閉鎖は
確定していない。電力供給のためだ。

韓国電力は京畿道坡州(キョンギド・パジュ)からムンサンを経て開城工業団地の平和変電所に電力を供給する。
専門家らは、「電気は機械作動に最も重要だが、電気が絶たれれば工業団地内の機械が故障し始めるだろう」と指摘する。
工業団地を維持したくても電力供給が中断されれば回復不能状態に陥り再稼働の意味がなくなるということだ。

工業団地内の電子部品メーカーPK電子の関係者は、「電力供給が1カ月以上止まれば精密機械にさびがついて
再稼働が難しくなる。光ケーブルメーカーなど一部企業は『機械が壊れるだろう』として地団駄を踏んでいる」と話した。

この日帰還したある企業の社員も、「電気と工業用水が必要な工場施設が多いが、一度中断すれば空の工場は
すぐさびつくだろう」と話した。電気が切れれば浄水施設の稼動が中断され、直接・間接被害が拡大する。

工業用水は現在開城に近い貯水池から取水・浄水した後1日6万トンほど供給されている。

入居企業のある社員は、「2009年に工業団地を訪問した中国の企業家が、
北朝鮮が工業団地を独自に運営できるかを尋ねると『インフラが問題』と話した。これは電気と工業用水の問題を
指摘したものと理解した」と明らかにした。

北朝鮮が自分で生産した電気で稼動するのも難しい。ある企業の工場責任者は「北朝鮮が生産する不良電気では
機械をまともに作動させることができず、最初から壊すことになりかねない。特に精密機械は稼動不可能だ」と話した。

梨花(イファ)女子大学北朝鮮学科のチョ・ドンホ教授も、「北朝鮮は開城工業団地を独自に運営しようとするだろうが
良質の電気が確保されなければ機械を動かす能力はないだろう」と指摘した。


ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/987/170987.html?servcode=500&sectcode=510&cloc=jp|main|top_news
続きを読む

2013/04/28

1: :2013/04/28(日) 07:02:38.36 ID:

韓国が、北朝鮮と経済協力事業を行ってきた開城ケソン工業団地からの人員撤収を決めたことを受け、27日午後、同
団地に滞在していた176人のうち126人が、ソウル北方の都羅山トラサンにある韓国側の南北出入境管理事務所
を通って韓国側に帰還した。

 北朝鮮で開城工業団地を統括する中央特区開発指導総局の報道官は27日、韓国側の人員撤収を非難し、「団地の完
全閉鎖は時間の問題だ。その責任は全面的に(韓国側が)負うことになる」と述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

 韓国から開城に進出している123企業でつくる「開城工団企業協会」の幹部は同事務所で「協会として政府の決
定に従う」と表明し、企業関係者を撤収させることを明言した。日曜日の28日は南北の軍事境界線を通過する手続き
が通常取られないものの、月内にも全員の撤収が完了する可能性がある。

 27日に帰還する人数について韓国統一省は当初、127人としていた。

 北朝鮮は3日に韓国側関係者の開城立ち入りを禁じた。現地で工場管理などに当たる韓国企業関係者は韓国側に戻
ると再入域が許されず業務ができないとしてとどまってきた。工場にある製品や資材を運び出すトラックの開城入り
も許されないため、帰還者が分乗した63台の車には、製品などが入った袋や箱が満載されていた。

 韓国は25日に団地の操業正常化問題を扱う南北会談の開催を求めたが、北朝鮮は26日に拒否。同日夕に韓国は関係
者の撤収を決めた。同団地の電気や工業用水は韓国が供給しており、韓国は今後供給を止めることも検討。北朝鮮も
対抗措置を取る可能性が高い。

ソース
中国新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201304280040.html

関連スレ
【北】「ない方がましだ」 韓国企業で働く北側労働者を開城工業団地から全員撤収 朝鮮中央通信報道
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365420464/
【国際】「三文の値打ちもない」 北朝鮮が会談提案を拒否 開城団地問題で韓国に
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1366960609/
続きを読む

2013/04/27

1: :2013/04/26(金) 19:32:39.10 ID:

http://livedoor.blogimg.jp/himawariyasan/imgs/f/1/f11181cb.gif
韓国政府声明で開城工業団地からの全員撤収発表

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が経済協力事業を行う開城工業団地の稼動停止の長期化を受け、韓国政府は26日、
同団地に滞在する韓国側関係者の撤収を決定した。

韓国統一部の柳吉在(リュ・ギルジェ)長官は政府声明を発表し、「北朝鮮の不当な措置により開城工業団地に滞在中の
韓国国民はさらに大きな困難を強いられている。政府は国民を保護するため撤収を決定せざるをえなかった」と述べた。

また、「北朝鮮当局はこれまでの南北間の合意と開城工業団地関連の法令に基づき韓国国民の安全な帰還を保障し、入居企業
の財産を徹底的に保護すべきだ」と強調した。

韓国側労働者の撤収を決定した理由としては、韓国が正式に提案した当局間実務会談を北朝鮮が拒否したこと、北朝鮮が
開城工業団地の稼動中断措置を取り続けていること、韓国企業関係者の訪朝を許可しなかったことなどを挙げた。

柳長官は「南北間合意と北朝鮮側の約束を信じて開城工業団地に投資した企業は深刻な被害を受けている。食料や医療支援
など最低限の人道的措置も許可せず、当局間会談も拒否したことはいかなる理由があっても正当化できない」と批判した。

現在、開城工業団地には韓国側関係者175人が滞在している。韓国政府は、入居企業が正常な活動を続けることができるよう
支援を行う方針だ。


聯合ニュース  2013/04/26 19:03 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/04/26/
0900000000AJP20130426004600882.HTML
続きを読む

ページトップ